新日本空調、5日連続有休促す制度

2019/4/3 14:48
保存
共有
印刷
その他

空調工事の新日本空調は全社員の年次有給休暇の5日連続取得を促す制度を始めたと発表した。約1000人の全社員、派遣社員が対象。現場技術者も含む。年度初めに有休取得日を上司と相談して確定し、工期に変更があっても休みを取れるようにする。

新制度「SNK Take Five」を4月から始めた。年度の初めに1年間のどこで休暇を取るかを決めて社内サイトに登録。社内で共有する。請け負った工事のスケジュールや他の社員との休暇取得日などを勘案して日程を調整し、確実に休暇を取れるようにする。

4月から働き方改革法が施行されたことにより、毎年5日以上の有休取得が義務化したことを受けて対応した。建設業では工事が止まる年末年始やお盆などの時期を除くと連休が取りにくい。連休取得への要望が多かったため、5日間連続して取得することを奨励する。

空調工事などの専門工事は建物がある程度建った後でなければ作業を始められないため、工期が遅れがち。予定通りに休めないことが多い。社内サイトで社員の休暇日程を共有することで、人材が足りなくなっても近隣エリアに所属する社員を融通し合えるようにし、全社員が有休を取れるようにする考えだ。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]