テレ東系「美の巨人たち」が大幅刷新

文化往来
2019/4/6 6:00
保存
共有
印刷
その他

お笑いタレントで作家の又吉直樹が初回ゲスト

お笑いタレントで作家の又吉直樹が初回ゲスト

世界の美術や建築を紹介するテレビ東京系「美の巨人たち」が4月6日放送から「新美の巨人たち」として大幅刷新する。毎回「アートトラベラー」と呼ばれるゲストが登場。美術を愛する芸能人や文化人が現場を訪ねて作品と出合う。生の鑑賞体験の姿を追うことで視聴者を豊かで多様性にあふれる美術鑑賞にいざなうのが狙い。

初回ゲストはお笑いタレントで作家の又吉直樹。時間を作ってはまめに美術館を訪れるという又吉が向かうのは香川県直島町にある地中美術館だ。目的は常設展示されているクロード・モネ作「睡蓮(すいれん)の池」で、又吉はこの絵を3時間かけて鑑賞した。「実際の睡蓮を見るよりもこの絵を見る方が面白い。より細かいし、より多くの情報を得られる」と感じたという。

ナレーションを担当する俳優・モデルの市川実日子

ナレーションを担当する俳優・モデルの市川実日子

「美の巨人たち」は2000年4月にスタートした。俳優の小林薫がナレーションを担当し、毎回、原則一つの作品に焦点を当て、作品が誕生した経緯や作者の思いなどに迫ってきた。「新美の巨人たち」では新ナレーターに俳優でモデルの市川実日子を起用。市川は「美術鑑賞は見る人によって自由だと思う。番組のコンセプトを助ける役に立てば」と抱負を語る。(近藤佳宜)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]