/

首相、塚田国交副大臣の罷免否定

安倍晋三首相は3日の衆院内閣委員会で、塚田一郎国土交通副大臣の発言を巡り「副大臣としての公正性が疑われてならないのは当然だ。行政への信頼を傷つけてはならない」と述べた。「すでに本人から撤回し謝罪した。まずは本人からしっかり説明すべきで、そのことを肝に銘じて職責を果たしてもらいたい」と語り、罷免を否定した。

塚田氏は1日、北九州市内での集会で、同市と山口県下関市を結ぶ「下関北九州道路」の建設計画を巡り、国による直轄調査へ移行したことを「首相や麻生太郎副総理・財務相が言えないので、私が忖度(そんたく)した」と発言した。塚田氏は2日に発言を撤回し謝罪したが、野党は辞任するよう求めている。

塚田氏は3日の衆院内閣委で「甚だ不適切であり、真実ではない。大変申し訳ない」と改めて陳謝した。「しっかりと説明責任を果たすことにおいて職責を全うしていきたい」とも語った。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン