2019年5月21日(火)

広島高速の怪契約は「確信犯」か 隠された100億円

住建・不動産
コラム(テクノロジー)
科学&新技術
2019/4/22 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

広島高速道路公社が大林組などの共同企業体(JV)と結んだトンネル工事の契約に主要資材の費用が欠落していた問題で、経緯や原因を調査した第三者委員会(委員長:二國則昭弁護士)は2019年3月16日、公社に報告書を提出した。第三者委は、大林組JVが表向きの見積金額を契約金額の上限以下に抑えるために主要資材を除外したことを、公社は認識しながらも契約を急ぐために許容したと指摘した。

■契約額200億円から増

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報