/

農薬漬けの米で公園のハト殺す 准教授を容疑で逮捕

東京都北区の公園で農薬を含ませた米をまいてハトを殺したとして、警視庁赤羽署は3日、大東文化大准教授の藤井康成容疑者(51)=同区赤羽西1=を鳥獣保護法違反容疑で逮捕した。同署によると、藤井容疑者は任意捜査段階での聴取に「(公園などに)鳥が集まるのが嫌で米に農薬を含ませた」と説明していたという。

逮捕容疑は1月13日午前11時半ごろ、北区神谷2の神谷公園内で農薬に使われる劇物「メソミル」を含有させた米をまき、ハト4羽に食べさせて殺した疑い。

同署によると、藤井容疑者はネット通販で入手したメソミルを水に薄め、米を浸してしみこませていたとみられる。周辺の駅前や公園では2016年ごろから、スズメやハトが計約100羽死ぬ被害があり、同署が関連を調べている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン