2019年5月23日(木)

三菱地所が初の50年債 国内最長、金利1%台前半
金融緩和 社債の長期化進む

2019/4/3 12:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業が資金調達のために発行する社債の長期化が進んでいる。三菱地所は近く50年債を発行する。これまで最も長かった日本国債40年債などを超え、国内で発行する普通社債として過去最長となる。世界的に再び金利が低下するなか、より高い利回りを求める投資家のニーズに対応する。

三菱地所は100億~150億円の資金を50年債で調達する方針だ。社債の金利水準は、機関投資家の需要動向に応じて4月中旬に決まる見通しだ…

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報