/

この記事は会員限定です

三菱地所が初の50年債 国内最長、金利1%台前半

金融緩和 社債の長期化進む

[有料会員限定]

企業が資金調達のために発行する社債の長期化が進んでいる。三菱地所は近く50年債を発行する。これまで最も長かった日本国債40年債などを超え、国内で発行する普通社債として過去最長となる。世界的に再び金利が低下するなか、より高い利回りを求める投資家のニーズに対応する。

三菱地所は100億~150億円の資金を50年債で調達する方針だ。社債の金利水準は、機関投資家の需要動向に応じて4月中旬に決まる見通しだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り627文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません