2019年8月26日(月)

ファームステッド、農業のブランド化支援 「顔が見える」掲げ
我が社のストラテジー

2019/4/3 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農家や農産品のブランド構築を支援するのがファームステッド(北海道帯広市)だ。包装デザインは商品や生産者の顔。地元の十勝だけでなく、南は沖縄まで全国の顧客から相談が持ち込まれる。農業は生産・加工・販売までを担う6次産業化の動きが広がり、ブランドの役割が重みを増す。長岡淳一代表取締役は「生産者の顔が見える農業」を掲げて奔走する。

ファームステッドは2013年設立の若い企業で、JR帯広駅から徒歩10分…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。