/

この記事は会員限定です

トヨタ、なぜHV特許を無償開放? 3つのポイント

[有料会員限定]

トヨタ自動車がハイブリッド車(HV)を中心に電動車の2万件の特許を無償開放することを決めました。HVはトヨタが1997年に世界に先駆け投入した量産車「プリウス」以来、開発でリードしてきた技術。「虎の子」ともいえる特許の数々をオープン化するのは、戦略転換の節目となります。なぜ無償開放に踏み切ったのか、経緯と今後の展開のポイントを整理します。

(1)HVの特許の無償開放はトヨタにどんなメリットがある?

トヨタがプリウ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1606文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン