/

この記事は会員限定です

独り勝ちは本物か キリンビールの変革(日経MJ)

[有料会員限定]
NIKKEI MJ

負け戦ばかり続いてきたキリンビールが反転攻勢に出ている。ビール系飲料の市場シェアは2017年に過去最低を塗りかえ、塗炭の苦しみを味わってきた。だが、18年は第三のビール「本麒麟」がヒットし、大手で独り勝ちの構図となった。久しぶりに浮揚のきっかけをつかんだキリン。変貌は本物か。

顧客本位徹底 「第三」でアサヒ逆転

2月下旬、キリンが開いた本麒麟の新CMの発表会。俳優の江口洋介さんと鈴木京香さんに挟ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4337文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経MJをPC・スマホで!今なら2カ月無料

 ヒット商品の「売れる」理由を徹底リサーチ。売り場戦略から買い手の最新動向まで独自に取材。「日経MJビューアー」ならPC・スマホ・タブレットで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料のキャンペーン実施中!

詳細はこちらから

日経MJ

創刊50周年を迎えたマーケティングの専門紙「日経MJ」のコンテンツをまとめてお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン