2019年8月18日(日)

トヨタ、「当面の主役」HVで稼ぐ 特許を無償開放

2019/4/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車がハイブリッド車(HV)の特許実施権を無償開放する背景には、電気自動車(EV)など電動車の需要が拡大するなか、存在感が薄れかねないとの危機感がある。これまでHVを手掛けてこなかったメーカーに参入を促してHVを電動車の「当面の本命」に育て、EVの本格的な普及期までに競争力を高める狙いがありそうだ。

トヨタは1983年に独自EVを開発するなど早くからEVに取り組んできたが、12年発売の小型…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

訂正>3日2:00に掲載した「トヨタ、『当面の主役』HVで稼ぐ」の記事中、「世界の自動車販売台数」とあったのは「世界の自動車生産台数」、グラフで「世界販売台数」とあったのは「世界生産台数」の誤りでした。(2019/4/4 17:44)

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。