/

この記事は会員限定です

店頭FX、健全性を評価 20年1月から金融庁が新規制

[有料会員限定]

金融庁は外国為替証拠金(FX)業者に新たな規制を導入する。2020年1月から十分な自己資本を確保させる厳格な健全性評価を設ける。年間の取引金額が4千兆円規模に膨らむなか、FX業者の破綻で金融市場が混乱するリスクを抑える狙いがある。

新規制の対象は取引所を通さずに業者と個人投資家が為替を直接やり取りする店頭FX。投資家が相場の急変で損失を被った場合に資金を回収できなくなる未収金リスクなどを想定し、業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り282文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン