観光地域づくりと日本版DMO(4) ブランド管理に難しさ
柏木千春 流通科学大学教授

やさしい経済学
2019/4/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

観光地域づくりのブランディングは観光客、住民、地域の絆を築く長期的な活動です。商品の場合と、どこが違うのでしょうか。対象や想起させる価値、第一次受益者、管理主体の各項目で比較してみましょう。

商品のブランディングの対象は商品そのものです。企業は消費者が「買いたい」と思うような価値を創造し、その価値を他社商品よりも先に想起させることを目指します。第一次受益者は企業、従業員、株主であり、企業が主体的…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]