2019年5月27日(月)

高校野球

東邦、2年吉納が決勝3ラン 高校野球準決勝

2019/4/2 19:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東邦打線は明石商の2年生右腕、中森に中盤まで抑え込まれた。五回までは盗塁死や併殺もあり、3人ずつで攻撃終了。六回に得た先制の好機も松井、杉浦が連続三振。中森の力のある直球に押され、なかなか攻略の糸口をつかめない。

【東邦が30年ぶり決勝へ 高校野球】

だが、東邦のエース石川も「下級生には負けない」と闘志を前面にスコアボードに「0」を並べた。左打者の内角を突く直球、右打者にはバットの芯を外すスライダ…

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

高校野球 一覧

 今春の選抜高校野球大会で、サイン盗みを疑って異例の抗議を行い、日本高野連に謝罪した星稜(石川)の林和成監督(43)について、同校は15日、野球部の山下智将部長(37)とともに懲戒処分とすると発表した …続き (15日 19:02)

 選抜高校野球大会に出場した星稜(石川)の林和成監督(43)が今月上旬ごろから部員の指導を自粛していることが13日、同校関係者への取材で分かった。2回戦で習志野(千葉)に敗れた後、相手のサイン盗みを疑 …続き (13日 13:39)

PL学園高野球部のOBチームの練習試合で先発した桑田真澄氏(13日午前、大阪府内)=共同

 高校野球の甲子園大会で春夏合わせて7度の優勝を誇り、現在休部中の大阪・PL学園高野球部のOBチームが13日、大阪府内で練習試合を行い、プロ野球巨人などで活躍したOB会長の桑田真澄氏(51)が初参加し …続き (13日 12:18)

ハイライト・スポーツ

[PR]