2019年8月18日(日)

大阪府泉佐野市、ふるさと納税でギフト券贈呈を再開

2019/4/2 19:14
保存
共有
印刷
その他

大阪府泉佐野市は2日、ふるさと納税の寄付金受け入れで、返礼品に加えてインターネット通販大手「アマゾン」のギフト券を贈るキャンペーンを再開した。当初は2~3月の期間限定としていたが、3月末に申し込みが殺到してシステムが対応しきれなかったため。期間は定めていない。同市の直営サイトを通じて受け付け、寄付額の20%のギフト券を贈呈する。

地方税法の改正を受けて6月にふるさと納税の制度が変わる。総務省の指定を受けた自治体以外は税制優遇を受けられなくなる。泉佐野市は指定から外される可能性が高いとみられているが、同市は「大阪府が3日に開く新制度の説明会に参加し、10日までに指定の申し出をするかどうかを決める」と話している。

泉佐野市は2~3月に「100億円還元」と銘打ち、返礼品とは別にアマゾンのギフト券を贈るキャンペーンを展開。石田真敏総務相が「身勝手で悪影響が大きい」と批判し、千代松大耕市長は「自治体の意見も聞かず、一方的に条件を押しつける総務省の方が身勝手」と反論した。同市はギフト券を返礼品ではなくPRに使う景品のようなものと位置づけている。

6月以降、改正法に基づき返礼品は寄付額の3割以下の地場産品に限定される。泉佐野市はこれまでビールなど地場産品以外の返礼品も多く提供。2018年度の寄付額は360億円を超えたもようだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。