2019年6月17日(月)

イベント誘致の受け皿に 多目的施設、富山で構想

コラム(地域)
北陸
2019/4/3 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

屋根付きアリーナは必要か、不要か――。富山県が全天候型の多目的施設を検討している。スポーツやコンサートなどの開催会場が整えばにぎわいが生まれ、人口流出の抑制にも期待がかかる。その一方で、建設コストは重く、黒字運営が実現できるかなど懸念材料もある。富山経済同友会も独自にサッカースタジアムの構想を打ち出しており、ハコモノを巡る議論が熱を帯びそうだ。

「収容人員8000人規模のアリーナは検討の俎上(そ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報