災害リスク、東京五輪で課題に 観客数減などで対応も

2019/4/2 18:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国内外から多くの選手や観戦客らが訪れる2020年東京五輪・パラリンピックで、自然災害への備えが重要な課題だ。日本は地震や津波、風水害などのリスクを抱える「災害大国」。大会期間は台風が列島を直撃する時期と重なり暴風、高潮も現実味を帯びる。観客の安全をどう守るのか。大会関係者は競技会場などの危機管理対策を進めている。

▼7分で避難

五輪のセーリング競技会場となる神奈川県藤沢市の江の島。「大地震が起きた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]