/

この記事は会員限定です

G20 高速通信5Gの商用化、20年に17カ国

[有料会員限定]

5Gサービスの土台となるインフラ整備が主要国で相次いで始まる。20カ国・地域(G20)のうち、2020年末までに始める国には中国やインドなど新興国も含まれる。各国政府は産業育成のため、周波数の割り当てなど対応を急ぐ。

5Gは各国の通信会社が主に入札で周波数の割り当てを得て、基地局などに投資する。G20で欧州連合(EU)を除く19カ国のうち19年は英国、南アフリカ、イタリアで予定されている。英国は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り478文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン