企業は健康投資をためらうな 水野基樹氏
順天堂大学先任准教授(スポーツ経営組織学)

2019/4/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スポーツを通した企業の業績向上に注目する経営者が増えている。経営学者のロバート・ローゼン氏が「健康な従業員が収益性の高い会社をつくる」と提唱し、健康経営という考え方が広がり始めているのだ。企業が従業員の健康増進に投資することで従業員の活力は高まる。優秀な人材獲得にもつながり、従業員の定着率も改善できよう。組織が活性化すれば、生産性と企業価値の向上も期待できる。意義は大きい。

では具体的にどう取り…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]