/

森保J、攻撃陣に課題 プランBやCの策定急げ

サッカージャーナリスト 大住良之

先日行われた森保一監督率いる日本代表の国際親善試合。3月22日は横浜でコロンビアと対戦し、0-1で敗戦。26日には神戸でボリビアと戦い、1-0で勝利を収め、1勝1敗で終わった。

昨年9月から今年のアジアカップまでの「第1段階」(ベースとなるチームづくり)を経て、現在は今年の9月にスタートする可能性のある2022年ワールドカップ・アジア予選に向けてチームの底上げ(選手層のアップ)を目ざす「第2段階」。その最初のシリーズで、守備面と攻撃面ではっきりとした明暗が出てしまった。

光った畠中のパス、守備陣に収穫

森保監督は、コロンビア戦で今回選んだ23人でつくることができる「ベストチーム」を送り出した。そしてボリビア戦では先発全員を入れ替えた。もちろん、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング12位のコロンビアと60位のボリビア(日本は27位)では力が違う。ボリビア戦に出場した守備陣がコロンビアの強力攻撃陣をどれだけ抑えられたか、断言することはできない。しかし守備陣のプレーぶりは、コロンビア戦と同様、ボリビア戦も十分合格点を与えられるものだった。

ボリビア戦の前半、競り合う畠中(左)。国際舞台で戦える能力を示した=共同

とくに目を引いたのは、センターバックのDF畠中槙之輔だ。23歳、所属の横浜Mでは今季レギュラーになったばかりだが、ヘディングや当たりの強さだけでなく、パス能力に優れ、十分国際舞台で戦えると感じた。

しかし「底上げ」に前進した守備陣に対し、攻撃陣は非常に寂しかった。第1戦はMF中島翔哉、南野拓実、堂安律の、いわゆる「三銃士」がそろって先発。得点こそ奪えなかったが、強豪コロンビアを相手にイニシアチブを握る戦いを見せた。

しかしその3人のポジションでボリビア戦に出場したMF乾貴士、香川真司、宇佐美貴史のプレーは非常に苦しいものだった。パスがつながり、ボールは支配するのだが、スピード感に乏しく、ボリビアのゴールに直接的な脅威を与えることはできなかったのだ。

森保監督はこの3人に代えて61分に中島と堂安、そして68分に南野を投入した。すると攻撃は一挙にスピードアップし、76分に自陣から堂安―南野―中島と流れるように攻撃が進んでボールが渡り、中島の決勝ゴールが生まれた。

今回招集を見送られた「絶対的エース」FW大迫勇也のポジション(1トップ)には、鈴木武蔵と鎌田大地が初招集され、鈴木がコロンビア戦、鎌田がボリビア戦に先発出場したが、ともに大きな印象は残せなかった。わずかに、短時間ながら「三銃士」と組んだ鎌田が、攻撃ゾーンでうまく絡んで可能性を示しただけだった。

1月のアジアカップ、そして3月の2試合を通じて明白になったのは、「大迫+三銃士」の「代役」はいないということだ。この4人がそろえば、日本代表はどんな相手でもゴールを脅かす攻撃ができる。しかし一人でも欠けると、その力は大きく落ちてしまう。誰かを代わりに入れても、穴を埋めることはできない。

厳しい現実だが、違う角度から見れば、この4人の力がそれだけ傑出しているということを意味している。傑出した攻撃陣が少なくともひと組あることは、幸運ともいえる。

4人の一部が欠けたときの対策を

次のステップは、他の選手をなんとか「代役」に仕立てるのではなく、彼らが個々にもっている「ストロングポイント」をチームのなかで最大限に生かすことだ。

たとえばアジアカップで4試合に出場して今回は招集されなかったMF伊東純也は、爆発的なスピードをもっている。だが彼が右MFに入ったとき、堂安がいるときのように足元にパスを送っても効果的なプレーはできない。伊東を「武器」とするためには、彼がタイミングよくスペースに走ってボールを受けられるよう、チームとして動くことだ。

ボリビア戦で先発した乾(左)と香川。彼らの長所が生きる攻撃を探っていかねばならない=共同

こうした可能性をもった個性的なアタッカーは、MF原口元気、FW浅野拓磨、鈴木優磨、U-22日本代表のFW前田大然、上田綺世、さらには17歳のMF久保建英など、何人もいる。ボリビア戦では効果的なプレーができなかった香川のようなベテランの力も、組み合わせとコンビネーションの醸成、あるいはシステムの変更によっては、その技術と経験を生かすことは十分可能だ。

「大迫+三銃士」の「代役」ではなく、その一部が欠けたときの「プランB」「プランC」「プランD」……を成り立たせるべく、様々なメンバー、組み合わせを試してより緻密な攻撃づくりに着手しなければならない。メンバーが変われば攻撃が変わる。それは当然のことだ。その変化の幅を大きくし、それぞれのアタッカーの長所を生かした攻撃ができれば、試合のなかで状況に応じて戦い方を変えていく力にもなる。

限られた代表活動時間のなかでこうした作業をするのは難しい。それだけに、国内での親善試合2試合に続いてコパ・アメリカ(南米選手権=ブラジル)へと続くこの6月は貴重なタイミングだ。このチャンスに「プランB、C、D……」の策定を期待したい。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン