2019年4月20日(土)

楽天、アプリで仮想通貨取引
6月、AIが問い合わせ対応

ネット・IT
フィンテック
2019/4/2 11:18
保存
共有
印刷
その他

楽天は、スマートフォン(スマホ)アプリを使った仮想通貨の取引サービスを6月から始めると発表した。人工知能(AI)技術を使ったチャットボット(自動応答システム)を導入し、利用者の問い合わせに迅速に対応できるようにする。ネット通販やフリーマーケットアプリの「ラクマ」などで仮想通貨による決済需要の高まりにも備える。

子会社の楽天ウォレット(東京・世田谷)が15日から新規口座の開設の申し込み受け付けを始める。顧客から預かった仮想通貨をオフラインの環境下で管理することなどで、ハッキングなどの外部攻撃への対策も充実させる。

楽天は2018年10月に証券業のトレイダーズホールディングス傘下で、仮想通貨を手掛ける旧みんなのビットコイン(東京・港)の全株式を取得した。みんなのビットコインは19年3月に「楽天ウォレット」に社名を変えて、3月に資金決済法に基づく仮想通貨交換業の登録業者となった。

楽天による買収時、旧みんなのビットコインは仮想通貨交換業者に登録申請中の「みなし業者」だった。資金洗浄(マネーロンダリング)対策や帳簿書類の管理などに不備があったとして18年4月に金融庁から改正資金決済法に基づく業務改善命令を受けた。楽天は早期登録に向け、システム改修などを進めていた。 仮想通貨アプリを巡っては、ディーカレット(東京・千代田)も3月に配信を始めている。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報