2019年9月18日(水)

明朝体と手書きで字形異なる「令」 どちらも同じ字

2019/4/2 10:09
保存
共有
印刷
その他

新元号「令和」の「令」の字は、印刷物や手書きなどによって字形が様々だ。文化庁によると、いずれも同じ字で、どれを使うか決まりはないという。

印刷物によく使われる明朝体は、3画目が横棒で5画目が縦棒だ。一方、手書き(楷書体)の場合はともに斜めの点のように書くことが多い。手書きで明朝体のように書いても問題はない。

同庁は2016年にまとめた漢字の書き方についての指針に「同じ字である」とする解説を盛り込んだ。「金融機関の窓口で、書類に明朝体で記入するよう言われた」といった事例があったためだ。指針では印刷物の文字に見慣れ、手書きの書き方が誤りのように感じられるようになったと推測している。

学校では「令」の字を小学4年で教える。学習指導要領の「学年別漢字配当表」に示された3、5画目を斜めの点にした手書きに近い字形を標準的とする。ただ試験などで別の字形で書いても間違いにはならない。

1日に新元号を発表した菅義偉官房長官が掲げた墨書は、明朝体に近い字形だった。文化庁には1日以降、「どう書くのが正しいのか」という問い合わせがあるという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。