2019年8月22日(木)

「英弘」「広至」「万和」「万保」など候補 新元号
「令和」考案者は万葉学者の中西進氏

2019/4/2 9:49
保存
共有
印刷
その他

政府が1日の新元号の選定時に有識者懇談会などに提示した候補名の全6案が分かった。新元号に決まった「令和」のほかに「英弘(えいこう)」「久化(きゅうか)」「広至(こうし)」「万和(ばんな)」「万保(ばんぽう)」を示した。出典は「英弘」「広至」が日本の古典(国書)、「久化」「万和」「万保」が中国の古典(漢籍)だという。政府関係者が2日、明らかにした。

政府は1日、国書を典拠とする3案と、漢籍を出典とする3案の計6案を有識者からなる元号に関する懇談会などに示した。全閣僚会議による協議を経て、臨時閣議で日本最古の歌集「万葉集」を出典とする「令和」を決めた。

政府関係者によると、「英弘」「広至」の2つは国書の日本書紀が典拠で「広至」「万和」には出典が2つあるという。典拠となった中国古典には司馬遷が編さんした「史記」があった。

中西進氏=共同

中西進氏=共同

新元号に決まった「令和」は国書の「万葉集」から採用した。政府関係者への取材で「令和」の考案者は万葉学者の中西進・大阪女子大名誉教授であることが分かった。首相は1日のNHK番組で、万葉集を「誇るべき国書だ」と強調した。初めて「令和」案を見たのは3月だったと明らかにし「大変新鮮な響きだなと思った」と振り返った。

【関連記事】
新元号「令和」公布 5月1日施行 出典、初の国書
新元号候補、出典は国書3案に漢籍3案 両方から引用も
日本古典から令和 首相「これでいこう」(ルポ迫真)
新元号「令和」 首相談話「花を大きく咲かせたい」
令和「日本の国柄、しっかり次代へ」 首相談話全文
新元号、有識者懇メンバーの発言
「令」と「和」新時代象徴する2文字 新元号読み解く
令和は万葉集巻五、梅花の歌三十二首の序文
「令和」ネットで話題集中、好意的な反応多く
明朝体と手書きで字形異なる「令」 どちらも同じ字
広がる西暦表記 元号なお存在感
新元号・令和「日本古典から初引用」 海外メディア
新元号「令和」の英訳、海外メディアで分かれる
カジュアル改元の光と影
新元号「令和」 システム対応いよいよ大詰め
イチから分かる元号 最長は? 最多漢字は?
政治・経済・外交…転機の予感 新元号4月1日公表

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。