/

アマゾン、傘下高級スーパーで500品目値下げ 米紙報道

【ニューヨーク=高橋そら】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は1日、米ネット通販最大手アマゾン・ドット・コムが傘下の高級スーパーで一部商品の値下げを計画していると報じた。生鮮食品を中心に、週内に全米の店舗で500品目以上の価格が引き下げられるという。

値下げを検討しているのは傘下の高級スーパー、ホールフーズ・マーケット。報道によると平均値下げ幅は20%程度という。アマゾンは2017年に同社を買収した際も一部生鮮品の価格を引き下げたほか、18年には有料会員向けに一部商品を10%値引きした。今回の値下げ対象品にはこれまでより多くの農産品や肉製品が含まれているという。

ネット通販や店舗からの宅配サービスの広がりで、米食品スーパー業界の競争は激化している。アマゾンは今回の値下げを通じてホールフーズの割高なイメージを変え、顧客層を広げる狙いがあるとみられる。

アマゾンは米国内でホールフーズとは異なる新たな食品スーパーを19年末にも立ち上げることを検討している。強みであるネット通販と実店舗を組み合わせてさらなる収益拡大を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン