讃岐うどん、打って食べて堪能を さぬき麺業が新施設

2019/4/2 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

製麺業のさぬき麺業(高松市)は本社工場で約3億円を投じてうどん打ち体験と郷土料理が楽しめる施設を整備する。高松空港の民営化などで増えている国内外からの観光客にうどん打ちや、やや高めに価格設定した料理を楽しんでもらうことで香川の魅力を訴える。5年後には現在の3倍、年間7000~8000人にうどん打ちを体験してもらう考えだ。

新設備は現在の第2工場を建て替える形で整備する。鉄骨2階建てで延べ床面積1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]