最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,550.22 +98.36
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,500 +40

[PR]

業績ニュース

ソフトバンクG、4月に個人向け社債5000億円
日本企業で過去最大規模、社債償還資金を調達

2019/4/1 20:00
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクグループ(SBG)の個人投資家への資金調達の依存度が高まっている。4月に個人向けで国内最大の5000億円の普通社債を発行する。通信子会社上場で個人から調達したのに続く。同社の海外格付け会社の格付けは投資不適格で、機関投資家からの調達が限られる。機関投資家に比べて情報の不足しがちな個人に対し、丁寧な説明が求められそうだ。

同社は18年12月末で自己資本の2倍弱に当たる約17兆円の有利子負債を抱えている。有利子負債の利払いなどの財務費用は18年3月期に5161億円と、営業キャッシュフロー(営業活動で生じる現金収支)の5割弱にあたる。

S&Pグローバルの格付けは投機的水準の「ダブルBプラス」にとどまり、国内の機関投資家から調達しにくい。S&PはSBGについて「有利子負債の負担は重く、投資ポートフォリオの推計価値に対する有利子負債の比率が世界の同業他社と比較してやや高い」と指摘している。

SBGは調達先を広げるため、個人からの調達を増やす。個人は低金利環境下で運用難に直面している。相次ぐ買収・出資で資金需要の旺盛なSBGは、17年3月に4000億円、18年6月に4100億円を発行するなど戦略的に個人向け社債を活用してきた。これまでの調達総額はのべ約4.5兆円に上る。

1日に関東財務局に提出した発行登録書によると、4月に発行するのは円建ての普通社債。償還期限は25年4月の6年物で利率は年1.3~1.9%の間で12日に決める。申込期間は15~25日を予定する。野村証券、大和証券など11社が引き受けて個人に販売する。

調達資金は14年5月に発行した年限5年の個人向け社債(3000億円)の償還などにあてる。9月に償還を控える4000億円の返済資金については「投資家の需要を見極め、社債による調達や手元資金の活用など柔軟に考えていく」(同社)としている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム