2019年5月24日(金)

新元号「令和」公布 5月1日施行 出典、初の国書

「令和」新時代
政治
2019/4/1 20:13
保存
共有
印刷
その他

政府は1日、平成に代わる新元号を「令和」と決定した。「れいわ」と読む。出典は「万葉集」で元号の漢字を日本の古典(国書)から採用したのは確認できる限り初めて。4月30日の天皇陛下の退位に伴い、皇太子さまが新天皇に即位される5月1日午前0時に改元する。「令」が元号に使われるのは初めて。

【関連記事】「令和」考案者は中西進氏 「英弘」「広至」など候補

安倍晋三首相は1日に記者会見を開き、首相談話を発表した。「春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように一人ひとりが明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込め、決定した」と述べた。

【関連記事】令和「日本の国柄、しっかり次代へ」 首相談話全文

天皇陛下は1日、新元号を定めた政令に署名、押印された。政令は同日公布された。1日付の官報号外には、政令とともに新元号の読み方を定めた内閣告示を掲載した。

「令和」は日本最初の元号「大化」から248番目にあたる。これまで天皇の即位前に新元号を公表したことはなく、憲政史上初の天皇退位に伴う対応だ。平成は1989年1月8日から2019年4月30日までの30年4カ月で幕を閉じる。

新元号は日本の古典を典拠とする3案と、中国古典を出典とする3案の計6案から絞り込んだ。安倍晋三首相は1日のNHK番組で、首相官邸で開いた有識者による元号に関する懇談会では「国書を典拠とすべきだと有識者全員が言っていた」と明かした。

出典については、菅義偉官房長官が記者会見で墨書を掲げながら、万葉集巻五、梅花の歌三十二首の序文から引用したと説明した。「初春の令月にして 気淑(よ)く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披(ひら)き 蘭(らん)は珮後(はいご)の香を薫(かおら)す」との内容で、梅の開花とともに訪れた春への喜びをうたった部分だ。

首相は記者会見で、万葉集について「幅広い階層の人々が詠んだ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書だ」と強調。「令和」には「人々が美しく心を寄せあうなかで文化が生まれ育つという意味が込められている」と説明した。

【関連記事】「令」と「和」新時代象徴する2文字 新元号読み解く

1日のNHK番組では「令和」案を初めて見たのは「3月だった」と明かした。「紡いできた歴史に新しい一ページを加えていく責任をひしひしと感じていた」とも語った。選定過程に関する公文書を非公開とする期間は「基本的に30年で検討していく」と述べた。

天皇陛下は4月30日に退位し、翌5月1日に皇太子さまが新天皇に即位される。憲政史上初の「退位礼正殿の儀」は4月30日。皇太子さまは5月1日に歴代天皇に伝わる神器などを引き継ぐ「剣璽等承継の儀」や「即位後朝見の儀」に臨まれる。

天皇陛下は2016年8月、国民向けのビデオメッセージで象徴天皇としての務めに関する考え方についてお言葉を述べ退位の意向を示唆した。

政府はこれを踏まえ、天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議を設置。現天皇一代限りで退位を認める特例法を成立させた。

元号は1979年施行の元号法に基づき、内閣の責任で定める。政府は3月14日に複数の学者らに新元号の考案を正式に委嘱し、それぞれ2~5つの案の提出を求めた。1日午前9時30分から官邸で「元号に関する懇談会」を開いて元号案をめぐって議論した。その後、衆院議長公邸で衆参両院の正副議長から意見を聴取した。首相官邸で開いた全閣僚会議を経て、臨時閣議で新元号を定めた政令を決定した。

【関連記事】
日本古典から令和 首相「これでいこう」(ルポ迫真)
新元号「令和」 首相談話「花を大きく咲かせたい」
新元号、有識者懇メンバーの発言
令和は万葉集巻五、梅花の歌三十二首の序文
「令和」ネットで話題集中、好意的な反応多く
明朝体と手書きで字形異なる「令」 どちらも同じ字
新元号・令和「日本古典から初引用」 海外メディア
新元号「令和」の英訳、海外メディアで分かれる
令和は「beautiful harmony」 外務省が対外説明を統一
カジュアル改元の光と影
新元号「令和」 システム対応いよいよ大詰め
イチから分かる元号 最長は? 最多漢字は?
政治・経済・外交…転機の予感 新元号4月1日公表

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報