2019年6月19日(水)

市場頼みの収益、含み損蓄積
検証・みずほ巨額損失(下)

金融機関
2019/4/1 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「ファンディング(資金調達)コストと運用利回りの差がマイナスになっているようなものを一気に処理する」。6800億円の損失を発表した3月6日の記者会見。みずほフィナンシャルグループ(FG)の坂井辰史社長は1500億円に上る外国債券の含み損の処理をこう説明した。

日銀による異次元金融緩和で日本国債の金利が低下し、邦銀は近年、米国債への投資を増やしてきた。みずほが2019年3月期に処理する外債も米国債…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報