2019年5月24日(金)

神奈川県内でも入社・入庁式 新時代担うことを期待

南関東・静岡
2019/4/1 21:00
保存
共有
印刷
その他

神奈川県内の自治体や企業でも1日、入社式・入庁式を開いた。各トップからは新人を激励する言葉とともに、5月から新元号になることを踏まえ、新たな時代を担うことを期待する声も聞かれた。

相模鉄道は新型車両12000系のなかで入社式をおこなった

黒岩祐治知事は300人超の新入職員に「重視してほしいのは県民目線。県民目線を忘れず仕事に励んでほしい」と述べた。横浜市の林文子市長は「新しい発見、新鮮な驚き、感動をずっと忘れないでいてほしい」と話した。川崎市の福田紀彦市長は「新元号が発表される今日から、皆さんと一緒に新しい川崎を作り上げていきたい」と呼びかけた。

11月30日からJRとの相互直通運転が始まる相模鉄道の入社式は、新型車両12000系のなかで実施。滝沢秀之社長は「悲願の都心直通が実現する。記念すべき年に入社する皆さんと次の100年へ出発したい」と述べた。富士通ゼネラルの斎藤悦郎社長は「必死に考えて、可能性があるなら失敗を恐れず全力で挑戦する。それが若さの持つ力だ」と話し、積極的に行動するよう呼びかけた。

横浜銀行の大矢恭好頭取は、日銀のマイナス金利政策で金融機関を取り巻く経営環境が厳しいことを踏まえ「皆さんはこれまでの古い銀行から新しい銀行に変える、そんなやりがいのある仕事に就く第1期生だ」とエールを送った。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報