/

この記事は会員限定です

必需品はスーツケース 訴訟で大量の書類(法務点景)

[有料会員限定]

訴訟担当の弁護士が法廷に向かう時の必需品といえば、スーツケースだ。出張先などから勤務地に戻り、空港や駅から直接出向くためではない。訴状や証拠、準備書面、答弁書――。訴訟に必要な書面が大量にあり、手提げバッグでは持ち運びできないからだ。

例えば知的財産が絡む訴訟では専門性や複雑さゆえに、証拠書類が多くなりがち。それだけに「出し入れがしやすく、軽いものを選ぶ」と、日置巴美弁護士は話す。長期の訴訟では...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン