2019年5月25日(土)

中性子顕微鏡の性能大幅アップに道
最先端の素粒子実験の技術を利用

日経産業新聞
科学&新技術
2019/4/2 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

顕微鏡は光を当てて物質の微細構造を観察する装置だが、光の代わりにX線や電子ビームを照射するタイプも広く使われ、近年では中性子で物質を調べる手法が注目されている。この中性子顕微鏡の解像度を大幅に高める技術が開発された。最先端の素粒子実験技術がベースにある。リチウムイオン電池や燃料電池の電極など先端材料の開発に威力を発揮しそうだ。

中性子顕微鏡の原理は他の顕微鏡と基本的には同じ。照射された中性子は、…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報