2019年6月24日(月)

「令和」考案者は中西進氏 国書・漢籍、3案ずつ

「令和」新時代
政治
2019/4/1 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

万葉集を典拠とした新元号「令和」の考案者が万葉学者の中西進・大阪女子大名誉教授であることが1日、政府関係者への取材で分かった。政府は新元号の最終的な原案として、「令和」を含む日本の古典(国書)を典拠とする案と、中国古典(漢籍)を出典とする案の3案ずつを有識者からなる元号に関する懇談会などに示した。

【関連記事】「英弘」「広至」「万和」「万保」など候補 新元号

国書を典拠とする案には令和の典拠となっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報