2019年7月20日(土)

迫る5G(6) 基地局コストに恩恵、ソフトで更新可能

2019/4/1 16:49 (2019/4/1 20:53更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

通信会社は新たな通信規格を採用するにあたり、多大な投資が必要になる。NTTドコモは次世代の高速通信規格「5G」に5年間で1兆円を投じる。投資の中心は電波を中継する基地局だ。

基地局はアンテナや送受信機で構成されている。一定の広さにいる人の携帯電話からの電波をまとめて受け止める。都心部でビルの屋上に置いたり、郊外の鉄塔に取り付けたりする。

ドコモが全国に持つ基地局の数は2018年3月末時点で3G、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。