/

パソコン搭載カメラで従業員のストレスを測定

日経クロステック

視界に占める植物の割合である緑視率が10~15%のとき、人の感じるストレスは軽減する――。そんなエビデンス(証拠)に基づいてオフィスをデザインするのが、パソナ・パナソニック ビジネスサービス(大阪市)の健康経営ソリューション「COMORE BIZ(コモレビズ)」だ。オフィスを自然環境に近付けるというコンセプトで2017年6月から提供している。同社は19年3月29日、コモレビズに非接触で生体(バイタル)データを測定できる技術を導入した新サービスを提供開始すると発表した。

今回導入するのは、パナソニックの社内カンパニーであるコネクティッドソリューションズ社が手掛ける「非接触バイタルセンシング」の技術。従業員のパソコンに搭載されているカメラまたは外付けのUSBカメラを使って、脈拍と心拍、ストレス(疲労度)を測定する。

具体的には、血液が光を吸収する性質を使って、カメラで撮影した顔の映像から肌の色の変化をセンシングすることで脈波や心拍レベルを推定する。疲労度は、心拍のゆらぎを使って自律神経の働きを分析することで測定するという。疲労度の測定方法は、疲労科学研究所(大阪市)が監修した。

従業員は自身のストレス状況や心拍レベルをWebアプリで閲覧できる。各企業の管理部門は、(1)全従業員のストレス状況(2)効果測定レポート(3)疲労度レポートを閲覧でき、健康経営に役立てられる。

新サービスは、従業員1人当たり初期費用1万円(税抜き)、月額500円(税抜き)で利用できる。管理部門向けのレポート利用料は法人1社当たり月額3万円(税抜き)だ。19年度は、30社以上に導入することを目指す。

(日経デジタルヘルス 伊藤瑳恵)

[日経 xTECH 2019年3月29日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン