与野党対決の北海道知事選、幹部が相次ぎ札幌へ

2019/4/1 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

全国唯一の与野党対決となった北海道知事選は7日の投開票日まで1週間を切った。立憲民主党や国民民主党など野党各党が推薦する石川知裕氏(45)は脱原発や鉄道路線網の維持を主張し支持を呼びかける。自民、公明両党が推薦する鈴木直道氏(38)は2期8年の夕張市長としての実績を強調。新人対決は16年ぶりで、各党幹部も続々と札幌入りして応援に走る。

選挙戦で最後の日曜日となった3月31日、鈴木氏と石川氏はとも…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]