2019年6月27日(木)

資生堂、中国アリババとの業務提携を発表

サービス・食品
小売り・外食
2019/4/1 12:22
保存
共有
印刷
その他

資生堂は1日、中国の通販大手、アリババ集団と戦略的な業務提携を結んだと発表した。資生堂が杭州市のアリババ本社の近隣に拠点を開き、連携して商品開発にあたる。アリババの持つビッグデータを活用し、中国の消費者に適した品ぞろえを強化するのが狙いだ。

まずはシャンプーで共同開発を進める

アリババとの連携で専用の拠点を設けるのは日本企業で初。商品開発の第1弾はシャンプーで、ヘア・ボディーケアのブランド「アクエア」を9月からアリババの「天猫(ティーモール)」で独占販売する。

頭皮や枝毛などの悩みに対応するヘアケア商品は、アリババの新商品開発センターが持つ7億人近くのビッグデータを活用した。今後、商品群を拡充する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報