2019年4月20日(土)

医療的ケア児に安心の旅を 手引作成、オール北陸で

社会
2019/4/1 11:17
保存
共有
印刷
その他

たんの吸引など日常的な援助を必要とする「医療的ケア児」と家族が安心して旅行できるよう、北陸3県の宿泊業者や医療関係者が注意点をまとめた手引を作成している。12月までに完成させ、希望する宿泊施設などに配布し、対応ノウハウを共有する。課題を探るためのモニターツアーも金沢市で行い、手引に反映させる考えだ。

交流会に参加した医療的ケア児と家族ら。右端は「こみんぐる」の須田麻佑子さん(3月16日、金沢市)=共同

「酸素濃縮器を置いてもらえるか、まず宿泊先に確認しないといけない」。ツアーに先立ち、金沢市で3月16日に開かれた交流会。富山県射水市の村井朋世さん(32)は、これまでの旅行で直面した困難の数々を紹介した。

長女の咲帆ちゃん(4)は難病を患い、出掛ける際は人工呼吸器が手放せない。宿泊時は濃縮器から酸素の入った空気を送る必要があるが、土日は設置する業者が対応できず、宿泊を断られたこともあったという。

交流会には富山、福井両県の医療的ケア児と家族ら約20人が参加。体調が急変した際、すぐに相談できる病院があるか不安といった意見も出た。

厚生労働省によると、2016年度の医療的ケア児は約1万8千人とされ、05年度の約1万人から増加。医学の進歩で救命できるケースが多くなったためとみられる。

手引は、金沢市で貸し切り宿を運営する「こみんぐる」の須田麻佑子さん(33)が中心になって作成。昨年10月、情報通信技術(ICT)の活用事例を紹介する大会で、福井市の在宅医療専門医、紅谷浩之さん(42)と出会い、提案を受けた。

「旅先でのわくわくする体験で子供は成長していく」。安全を担保しながら、楽しい思い出をつくる選択肢も提示したいと紅谷さんは語る。

ツアーに必要な交通費などは、インターネット上で資金を募るクラウドファンディングで約200万円を集めた。須田さんは「医療的ケア児を支える社会的な仕組みをつくりたい」と意気込んでいる。〔共同〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報