2019年6月19日(水)

平成最後の入社式「新しい力で新風」 企業トップ訓示

ネット・IT
エレクトロニクス
2019/4/1 10:37
保存
共有
印刷
その他

新年度を迎えた1日、企業が一斉に入社式を開いた。グローバルな競争激化や中国経済の減速など経営環境は変化している。各社トップは平成最後となる入社式で、変革の時代に果敢に挑戦するようエールを送った。

東芝グループ入社式で社歌を歌う新入社員(1日午前、東京都港区)

東芝グループ入社式で社歌を歌う新入社員(1日午前、東京都港区)

東芝グループが東京都港区の本社で開いた入社式には合計501人の新入社員が出席した。再建に向けた5カ年中期経営計画の始動の節目だ。車谷暢昭会長兼最高経営責任者(CEO)は「既成概念や過去の成功体験にとらわれない若手の意見が大切だ。大きな変革の年となる」と激励した。

パナソニックの入社式で津賀社長(中)と言葉を交わし笑顔を見せる新入社員(1日午前、大阪府枚方市)

パナソニックの入社式で津賀社長(中)と言葉を交わし笑顔を見せる新入社員(1日午前、大阪府枚方市)

パナソニックの入社式にはグループ会社を含めて795人が出席した。津賀一宏社長は「新しい力や柔軟な発想で会社に新風を巻き起こしてほしい」と訓示した。パナソニックは昨年3月に創業100周年を迎えた。

文部科学省によると、今春の新入社員(大卒・短大卒・専修学校卒などを含む)は約65万人。

トヨタ自動車は愛知県豊田市の本社で入社式を開いた。トヨタは自動車製造だけでなくサービスも含めた総合モビリティー企業への変革を掲げている。豊田章男社長は「みなさんは瀬戸際の時代に入社した。いくつになっても成長し続けられる人であってほしい」と語りかけ、出席した新入社員1492人が耳を傾けた。

技術職の新入社員の那須祐介さん(24)は「人の命を守れるような車を作りたい」と決意を話した。

日立製作所が都内で開いた入社式には新入社員約760人が出席した。東原敏昭社長は「デジタル技術を用いて高度な社会インフラをグローバルに提供して、人々の暮らしをより豊かにするのが日立の社会イノベーション事業だ」と指摘。そのうえで「3年後、5年後の自分の姿をクリアに描いてほしい。そして定期的に自分の成長を確認してほしい」と激励した。

みずほフィナンシャルグループの合同入社式に臨む新入社員(1日午前、東京都港区)

みずほフィナンシャルグループの合同入社式に臨む新入社員(1日午前、東京都港区)

一方、みずほフィナンシャルグループ(FG)は都内で入社式を開いた。坂井辰史社長は日銀のマイナス金利政策やデジタル化による来店客の減少などを念頭に「金融機関を取り巻く環境は変化し続けている。主体的に道を切り開くチャレンジ精神を発揮してほしい」と述べた。

今年の新入社員(持ち株会社、銀行、信託銀行の合計)は約700人と、2018年に比べほぼ半減。19年3月期にはシステムや店舗の減損などで約6800億円の損失を計上する見通しだ。坂井社長は損失計上について「顧客ニーズとのミスマッチを解消し、前に進むための構造改革を加速するものだ」と強調した。

三井住友銀行では18年より17%少ない667人が入行。一般職の採用を大幅に抑制した一方で、数理モデルで市場を分析したりデジタル技術で新サービスを開発したりする理系の新職種を設けた。高島誠頭取は「GAFAや様々なフィンテックベンチャーが資金決済や貸し出しなどの金融サービスに参入してきている」と指摘。「デジタル化の大きなうねりは最大のチャレンジでありチャンスだ」と奮起を促した。

3メガバンクの今年の新入社員は合計で約2300人と前年から3割弱減少したもようだ。20年4月入社の新卒採用数も計1800人程度と19年入社予定に比べ2割以上、減らす方針で、三井住友銀行は19年比10%減の600人を計画。みずほや三菱UFJも20年4月入社の新卒採用数を抑制する方向で調整している。

日本製鉄の入社式で訓示を述べる橋本英二社長(1日午前、東京・丸の内)

日本製鉄の入社式で訓示を述べる橋本英二社長(1日午前、東京・丸の内)

1日付で石油元売り大手の昭和シェル石油と統合した出光興産は約180人の新卒が入社した。新日鉄住金は1日付で社名を変更、日本製鉄として初めての新人を迎えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報