2019年8月19日(月)

関西みらい銀発足、「なくてはならない銀行に」

2019/4/1 9:16
保存
共有
印刷
その他

関西みらいフィナンシャルグループ(FG)傘下の近畿大阪銀行と関西アーバン銀行が1日合併し、関西みらい銀行が発足した。金利の低迷が長引くなど厳しい状況下での船出となるが、関西広域の情報やりそなグループのサービスも活用して競争力を高め、地銀トップグループの仲間入りを目指す。

関西みらい銀行の発足式典

同日午前に大阪市中央区の本社で発足の式典を開いた。同FGのトップも兼任する関西みらい銀行の菅哲哉社長は「地域金融機関を取り巻く環境は厳しく、銀行のあり方そのものが変わろうとしている」と発言。そのうえで「顧客の成功、地域の活性化に全力を尽くし、なくてはならないと思ってもらえる銀行を目指す」と意気込んだ。

関西みらい銀の貸出金は約6兆4000億円と関西地銀では最大規模。店舗数は273店だが、営業時間は旧近畿大阪銀側は午後5時まで、旧関西アーバン銀側は午後3時までと異なる状況が当面続く。10月に旧関西アーバン銀側で事務システムを統合した後、地域性や顧客のニーズも踏まえて店舗ごとに最適な営業時間を検討する方針だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。