/

この記事は会員限定です

アベノミクスに実感なし 政権批判票「受け皿」望む声多く

[有料会員限定]

知事選の電話調査をした北海道と島根、福岡両県では安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」で景気がよくなったと思うかを聞いた。いずれも「よくなったと思わない」が半数を超え「よくなったと思う」を大きく上回った。一方、夏の参院選で野党が統一候補を「立てるべきだ」との声はいずれの道県でも過半で、政権批判票の受け皿を望む声が大きい。

与野党対決型の北海道では「景気がよくなったと思う」が16%で「よくなったと思...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り303文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

統一地方選

4年に一度の統一地方選が行われる。今年は統一地方選と夏の参院選が12年に一度重なる「亥(い)年選挙」。与野党対決となる北海道知事選などがあり、夏の参院選と合わせて結果が注目される。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン