/

この記事は会員限定です

おかえり捕鯨船 最後の南極調査 333頭を捕獲

[有料会員限定]

南極海での航海を終えた調査船団が31日、山口県下関市の下関港に帰港した。日本は国際捕鯨委員会(IWC)から脱退し、7月から日本の領海での商業捕鯨を再開する。資源調査のため約30年間続けてきた南極海での調査捕鯨は今回が最後となる。クロミンククジラを目標の333頭捕獲、明日以降水揚げする。港では家族や関係者ら100人以上が出迎えた。

母船「日新丸」など調査捕鯨船団が4カ月半の航海を終え、帰港した。今回...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り599文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン