中国、3月の景況感が大幅改善
春節要因大きく 本格回復、見極め必要

2019/3/31 11:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=原田逸策】中国国家統計局が31日発表した3月の製造業の購買担当者景気指数(PMI)は前月より1.3ポイント上昇して50.5だった。拡大と縮小の節目となる50を2018年10月以来5カ月ぶりに上回った。中国政府の景気対策が効き始めた可能性がある一方、春節(旧正月)休暇による特殊要因の押し上げもある。景況感の本格回復は4月以降の数値を見極める必要がある。

PMIは製造業3千社へのアンケート調…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]