ガザ大規模デモ、2人死亡 イスラエル、銃撃で応戦

2019/3/30 23:55
保存
共有
印刷
その他

【ガザ市=共同】パレスチナ自治区ガザで30日、イスラエルへの抗議活動開始から1年に合わせ「100万人の行進」と名付けられたデモが行われ、イスラエル軍の報道官によると、約4万人が参加した。デモ隊は境界のフェンス沿いで石などを投げて抗議し、イスラエル側が銃撃や催涙弾で応戦。ガザの保健当局によると、パレスチナ人2人が死亡、110人以上が負傷した。

イスラエルへの抗議活動に参加し、負傷したパレスチナ人(30日、ガザ)=ロイター

ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとイスラエル軍の間では25日から27日朝、断続的な交戦があったばかり。軍はガザ周辺に狙撃手や戦車を配置して厳戒態勢を取っていた。イスラエルとパレスチナの緊張が一層高まる恐れがある。

交戦を巡っては、エジプトが停戦への仲介を継続中。来月9日に総選挙を控えるイスラエルのネタニヤフ首相は28日、ガザ周辺を視察し「必要があれば大規模な軍事行動を起こす」と警告した。

ガザの保健当局によると、この1年間にイスラエル軍の銃撃などで死亡したパレスチナ人は260人超、負傷者は約3万人。国連人権理事会の調査チームは2月末、デモ隊へのイスラエル軍の攻撃は「人道に対する罪に当たる可能性がある」とする報告書を発表した。

デモを呼び掛けるハマスは「国際社会の関心がガザに向いた」と成果を誇示し「イスラエルの封鎖が解除されるまで続ける」と主張している。

デモは当初、1948年5月のイスラエル建国で故郷を追われたパレスチナ難民の帰還を求めることが主な目的だったが、次第にイスラエルの封鎖で貧困に苦しむガザ住民の生活改善を要求する声が拡大している。

パレスチナで3月30日は「土地の日」と呼ばれる。1976年にイスラエルによる土地の強制収用に抗議したアラブ系イスラエル人6人が殺害されたことにちなんだもので、毎年パレスチナ内外で抗議活動が行われる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]