2019年6月27日(木)

保育所の新設3割減 大手6社、保育士不足が深刻

サービス・食品
2019/3/31 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

保育サービス大手が保育所の新設ペースを抑制し始めた。深刻な保育士の人手不足が原因で、JPホールディングス(HD)やポピンズホールディングス(HD、東京・渋谷)など大手6社の2019年度の新設数は18年度比3割減となる見通し。政府は20年度末までに待機児童を解消する目標を掲げるが、実現が遠のく可能性がある。

日本経済新聞がJPHD、ポピンズHD、グローバルグループ、ライクキッズネクスト、ニチイ学館…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報