/

この記事は会員限定です

武田やアステラス、バイオ創薬で新型ワクチン

[有料会員限定]

国内の製薬各社がバイオ創薬技術を活用し、新型ワクチンを相次いで実用化する。武田薬品工業はデング熱ワクチン、アステラス製薬はコレラワクチンをそれぞれ開発している。ワクチンは米ファイザーなど欧米の製薬大手4社が9割を握る寡占市場だが、ESG(環境・社会・企業統治)投資の流れを受け、途上国の感染症対策への貢献と安定収益を目指す。

武田はデング熱のワクチンを中南米やアジアのデング熱発生国に投入する。20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り397文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン