/

この記事は会員限定です

大塚家具株、過半すでに売却

米投資ファンド、経営に積極関与せず

[有料会員限定]

経営再建中の大塚家具の増資を引き受けた米投資ファンド、イーストモア・グループのソーラブ・チャタジー・アジア部門担当者は日本経済新聞の取材に応じ、取得した株式の過半は「すでに売却した」と明らかにした。31日開催の大塚家具の株主総会では会社提案議案に全て賛成する方針。「役員を派遣したり、何らかの株主提案を出したりはしない」とも語り、経営に積極的には関与しない姿勢を示した。

大塚家具は2月に第三者割当増資の実施...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り240文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン