加害の親ら7割、子供時代に虐待被害の経験 理研調査

2019/3/30 20:14
保存
共有
印刷
その他

子供を虐待したとして有罪判決を受けた親ら25人のうち、72%に当たる18人が自身の子供時代に虐待を受けていたことが30日、理化学研究所の調査で分かった。本人が精神的な問題を抱えるケースや、子供に健康や発達の問題があって子育てが難しい環境にあった例も目立った。

こうした経験や環境が虐待に直結するわけではないが、調査チームリーダーで精神科医の黒田公美さんは「防止のために問題を抱えた親たちの背景を理解し、有効な支援策を検討する必要がある」と訴えている。

チームは2016年から調査を開始。子供が死亡するなどした虐待事件に関わったとして実名報道され、調査当時服役していた親や同居の大人124人に協力を依頼した。承諾した人に幼少期の家庭環境など計400問以上にわたる質問を送り、郵送で回答してもらった。

18年秋までに回答があった25人を分析すると、子供時代に身体的虐待や心理的虐待、育児放棄を受けるなど過酷な体験をした人が18人いた。

また44%(11人)は、うつやアルコール依存などの精神的な問題を抱え、適切な養育ができない恐れがある状態だった。68%(17人)は、被害を受けた子供が健康や発達の問題を抱えていたり、3人以上の乳幼児を同時に育てていたりして子育てが難しい環境に置かれていた。

虐待経験、精神的問題、子育てが困難な環境という3つの要因のうち、少なくとも1つの要因を抱えていた人は88%(22人)に上った。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]