豪で高1男子2人溺死 神奈川大付属、海外研修中

2019/3/30 18:52
保存
共有
印刷
その他

オーストラリア北東部クイーンズランド州の警察は30日、人気観光地の同州フレーザー島で16歳の日本人少年2人が溺れ、死亡したと発表した。2人は横浜市の神奈川大付属高1年で、海外交流プログラムに参加していた。

オーストラリア北東部クイーンズランド州の観光地フレーザー島のマッケンジー湖(30日)=AP

高校や現地の警察によると、2人は29日午後、エコツアーで引率教員や添乗員、現地レンジャーと島内のマッケンジー湖を訪れ、写真を撮ったり泳いだりしていて行方不明になった。到着から約10分後、集合写真を撮ろうとして気付いたという。警察などが捜索し、30日朝、水中で遺体が発見された。事件性はないとみている。

プログラムは1、2年生の男女15人と引率教員2人が24日に成田空港を出発、ブリスベンやフレーザー島に滞在し、31日に帰国予定だった。

菊池久校長は同校で記者会見し「深くおわび申し上げる。厳粛に受け止め、プログラム自体を見直して再発防止に努める」と謝罪。2018年に続き2回目だったとした上で「教員は前回も引率した経験があった。学校側に危険という認識が欠けていた」と述べた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]