EU、10日に臨時サミット開催へ 英離脱巡り

2019/3/30 0:30
保存
共有
印刷
その他

【ブリュッセル=森本学】英国の欧州連合(EU)からの離脱を巡り、英議会が離脱協定案を改めて否決したのを受けて、EUのトゥスク大統領は29日、4月10日に英離脱問題を協議するための臨時のEU首脳会議を開くことを表明した。

欧州連合(EU)のトゥスク大統領は4月10日の臨時首脳会議開催を決めた=ロイター

英議会の採決直後にトゥスク氏がツイッター上で表明した。英議会の否決を受け、EUは当初29日だった英国の離脱日を4月12日まで約2週間延期することを正式に決定。それまでに英国に今後の離脱方針を巡って最終判断を迫る。

英国を除くEU27カ国の首脳は21日の首脳会合で、EUとメイ英政権が2018年11月に合意した離脱協定案が英議会で改めて否決されれば、4月12日までの短期間の離脱延期に応じたうえで、長期の延期に応じるのか、「合意なき離脱」を選ぶのか、英国に最終判断を求めることで一致していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]