プロ野球

広島・大瀬良、大役飾る力投 巨人・丸4三振

2019/3/29 23:28
保存
共有
印刷
その他

昨季までのチームの主軸で、ライバル巨人のキーマンとなった丸を4三振と完璧に封じ込んだ。6年目で自身初の開幕投手を任された大瀬良は「緊張は不思議としなかった」。本拠地マウンドでの堂々たる投げっぷりが光った。

巨人戦に先発し、8回無失点で勝利投手となった大瀬良=共同

巨人戦に先発し、8回無失点で勝利投手となった大瀬良=共同

得意とするカットボールの出来が秀逸で「真っすぐのような軌道から曲がってくれたので、打者があれだけ振ってくれた」と大瀬良。この球を決め球に丸からは一回に空振り三振、四回に見逃し三振を奪うと、六回は意表を突いたカーブで空振り三振を奪う。

打席に立つ丸に対し、地元ファンから目立ったブーイングはなかったのは、これまでのカープでの貢献に対する敬意と王者の余裕か。胸のすくような三振を奪うごとにスタンドの大歓声は音量を増していった。

唯一、得点圏で丸を迎えた八回1死一、二塁は、それまでの変化球中心の攻めから一転、外角低めの真っすぐで見逃しの三振に。「丸さんに打たれたら(球場が)どうなるのかな」と想像するだけの余裕があった右腕は、「対戦がなかったので探り探り」と言いながら、カットボールを十分に意識させたそれまでの配球をうまく生かした。

2年連続沢村賞の絶対的エース菅野に投げ勝ち、丸を3番に据えた新打線から11三振を奪った。坂本勇、丸、岡本の主軸から計9三振を奪っての8回無失点に「きょうは(大瀬良)大地の投球に尽きるでしょう」と緒方監督。昨季、初の最多勝に輝いた新エースが、新布陣で王者たたきをもくろむライバルに「広島強し」を改めて印象づけた。(常広文太)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

6回DeNA1死一、二塁、ソトが左中間に3ランを放つ(19日、横浜)=共同

【DeNA11―8広島】DeNAが打ち勝った。0―7の六回にソトの3ランと代打梶谷の満塁本塁打で同点。1点を追う八回は梶谷が同点二塁打。延長十一回無死一、二塁からソトがサヨナラ3ランを放った。広島には …続き (22:47更新)

 楽天は19日、台湾のプロ野球の人気球団「ラミゴモンキーズ」を買収すると発表した。運営会社と全株式の取得に向けた基本合意書を締結した。楽天は2020年シーズンから台湾プロ野球リーグに参入する。楽天は台 …続き (12:36)

オリックス戦に先発し、8回無失点で自身10連勝で11勝目を挙げた西武・ニール(18日、メットライフドーム)=共同

 1イニングあたりに費やしたのはわずか10球前後。「一番意識したのはコントロール」という西武のニールは、初回から変わらぬペースで淡々と投げ続けた。オリックス打線のバットにボールが当たれば内野ゴロに次ぐ …続き (18日 23:18)

ハイライト・スポーツ

[PR]