課題解決のソーシャルビジネス、中国5県でも拡大

2019/4/1 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福祉の充実や街おこしといった社会課題を企業やNPOが収益を確保しながら解決しようとする「ソーシャルビジネス」が中国地方でも拡大している。人口減や少子高齢化が加速する中、持続可能な仕組み作りを目指す動きで、金融機関の支援も厚みを増しつつある。

高齢者が買い物をしながら健康になり、地域の商業振興にも役立つ光プロジェクト(島根県雲南市)の「ショッピングリハビリ」が各地に普及しつつある。これまでに島根県…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]